安心の耐震構造

第三者機関による地盤調査

不同沈下を未然に防ぐ地盤調査を徹底

建築後もお家で長く快適に過ごして頂けるお家づくりのためには、その敷地の地盤を知る事が必要不可欠です。
弊社では公正な第三者機関によるスウェーデン式サウンディング試験など地盤に合わせて適切な地耐力調査を実施しています。
分析により万一軟弱地盤と判定された場合には、土地の支持力に応じた地盤改良を提案し、不同沈下しない万全なお家作りを行います。

地盤調査実績業界トップクラスの10年間の品質保証

第三者機関の定める品質基準に合格した地盤には基礎工事着工日に始まり、お引き渡し日から10年間の地盤品質保証を致します。

地盤調査実績業界トップクラスの10年間の品質保証

地震に強いコンクリートベタ基礎

コンクリートベタ基礎を標準仕様

地盤への設置面積が大きく、コンクリート面全体で建物を支え、地震や台風などで建物にかかる力を分散しバランス良く地中へと逃がす事の出来るベタ基礎工法を標準で採用しています。
コンクリートで土から建物を遮断するため、防湿・防腐・防蟻効果もあり、建物やお客様の健康も支えます。

キソパッキン

従来は、基礎に換気開口部を設けるために上端筋を切断するため耐力が低下してしまいます。
これは地震に弱く、クラックの原因になりやすいので、弊社では床下の換気性能を向上させるためにキソパッキン工法を採用し、耐震性能を落とすこと無い強い基礎作りをご提案しています。

従来の工法とキソパッキン工法の違い

軸組工法と金物

軸組工法って?

正式には、「木造軸組工法」と言います。
日本に昔から伝わる伝統的な工法で、日本の木造住宅はほとんどがこの工法で建てられます。
梁と柱で建物を支える(軸組みで支える)構造が特徴で、継手・仕口と呼ばれる加工を木材に施し、かみ合わせて組んでいきます。継手や仕口にはとてもたくさんの種類があって、複雑なものは芸術的で見事なかみ合わせになります。手作業ではかなりの熟練が必要な技術です。 昔は大工さんが、ノミとトンカチで継手や仕口を彫っていました。 ですが、その匠の技を継承する大工さんは、今でもいるものの、とても少なくなってしまいました。今では複雑なもの以外は、出荷前に機械で加工しておくプレカットが主流になっています。

木のもつ頑丈さを引き出す

木材の接合部を複雑な形状に加工せず最小限のカットで金物を取り付けます。
切りかきによる欠損部分が少なく、木材のもつ本来の強さが発揮されます。

剛床工法

一般木造とハウスドゥの剛床工法

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ